ブログ

2019/09/27

尼崎市って住みやすいの?住むにあたってのメリットと注意点

尼崎市って住みやすいの?住むにあたってのメリットと注意点

住みたい街ランキングにも名を連ねるようになった尼崎市。治安を心配する人も多い尼崎市ですが、なぜ近年人気が高まっているのでしょうか。住むにあたってのメリットと注意点をご紹介します。

尼崎市ってどんな街?

尼崎市の概要

尼崎市は、兵庫県の南東部に位置し、東部が大阪市と接している人口約45万人の市です。
一昔前は工業の街のイメージが強かった尼崎の街ですが、近年JR西日本や阪神沿線を中心として再開発事業に力を入れており、高層マンション群や巨大商業施設が多数建設されています。
大阪や神戸へのアクセスの良さに加え、再開発により住みやすい街としての人気が高まっているのです。

尼崎市の家賃相場

尼崎市で2LDK〜の家に住もうと思うと、6万円〜10万円程度が相場と言えます。10万円を超える物件もあるものの、7〜8万円を予算に考えても、十分に住まいを探すことができるでしょう。
周辺の神戸市や西宮市の市街地と比べ、家賃相場が比較的安いことが尼崎市の魅力でもあります。大阪に近いにもかかわらずリーズナブルに住むことができるので、まさに穴場と言えるのではないでしょうか。

尼崎市はここが良い!尼崎市に住むメリットは?

尼崎市って住みやすいの?住むにあたってのメリットと注意点

各地へのアクセスの良さはピカイチ!

特筆すべきは、何と言ってもそのアクセスの良さ!
JR尼崎からJR大阪駅までは新快速でなんと5分で到着します。JRだけでなく阪急や阪神でも大阪に出ることができ、非常に便利です。
大阪だけでなく、三ノ宮へも新快速でたったの16分。新幹線が発着するJR新大阪駅までも11分で到着です。京都へも40分以内で到着しますし、阪急の伊丹線やJR福知山線(宝塚線)も利用できます。
阪神や阪急バス、伊丹市営バスなども走っていて便利です。
名神高速道路・尼崎ICが近く、国道2号線、43号線での大阪~神戸間の移動も便利なので、大阪や神戸へのマイカー通勤も可能です。
さらに空の便については、JR尼崎と阪神尼崎から関西国際空港へのリムジンバスで1時間前後、大阪国際空港(伊丹空港)へもJRと市バス利用で、40分程度で到着します。

フラットで徒歩や自転車の移動も楽チン!

電車や車だけでなく、徒歩や自転車で移動をする人にとっても尼崎の街は暮らしやすいと言えます。なぜならそれは、基本的にフラットだから。
坂道がほとんどないので、電動自転車がなくても移動できますし、ベビーカーでの移動や、ご高齢の方の移動も安心です。

買い物施設も次々誕生!買い物には困りません!

【JR尼崎駅周辺】
再開発により、Q’s MALL(キューズモール)という大型のショッピングモールができ、お買い物に非常に便利になったJR尼崎駅周辺。
具体的にはファッションや雑貨店、豊富な飲食店、映画館にフィットネスクラブ、ゲームが楽しめるセガワールド、各種大手キャリアの携帯ショップ、ドラッグストア、そして阪神百貨店も入っていて、一通りのことがここで完了するのです。
買い物だけでなく、アミューズメントとしても楽しめますね。
尼崎駅北口からデッキで直結しており、アクセスも良いです。
また、駅南側には家電量販店のエディオンもあります。

【阪神尼崎駅周辺】
阪神尼崎駅には、西口改札出てすぐのamasta AMASEN(アマスタアマセン)というショッピングモールがあり、スーパーマーケットは24時まで営業していて仕事帰りなどにも気軽に立ち寄ることができます。
北口を出てスカイデッキを進むと、amagotta(アマゴッタ)というショッピングモールがあり、ショップだけではなくクリニックやカルチャースクールが充実しているのも嬉しいポイントでしょう。
さらに阪神尼崎駅周辺から出屋敷駅周辺にかけては、尼崎中央商店街、三和本通商店街、出屋敷商店街があり、数多くのお店が軒を連ねており、美味しいグルメを楽しんだり、思わぬ掘り出し物を見つけたり、日々の買い物を済ませたりと、大活躍するでしょう。

【JR猪名寺駅周辺】
グンゼタウンセンターつかしんという、大型ショッピングモールがあります。
ファッション、生活雑貨店、スーパー、家電量販店も揃っており、ほとんどの買い物を済ますことができるでしょう。
また、グンゼセンターというスポーツ施設ではトレーニングやプール、テニスやレンジゴルフをすることができます。
さらには天然温泉施設もあり、1日楽しめますね。

【阪急塚口駅周辺】
塚口さんさんタウンというショッピングセンターがあります。
3番館が建て替え中ですが、ダイエーや飲食店、雑貨店などが多数あり、映画館や市役所の出張所、会議室なども揃っています。
何度も訪れる場所ではありませんが、パスポートセンターもあります。

【その他エリア】
車やバスの利用となりますが、尼崎には何と言ってもコストコがあるのが魅力。
すぐ隣にはイオンと大型ホームセンターもあります。

尼崎市に住むなら知っておきたい。尼崎市に住むときの注意点は?

尼崎市って住みやすいの?住むにあたってのメリットと注意点

エリアによって少し違う印象の尼崎市

尼崎といっても、エリアによって少し印象が異なります。
一つのイメージだけでは「思っていたのと違う」となってしまうかもしれません。
そこで、今回は4つのエリアに分けて、その印象について簡単にご紹介します。

【阪急武庫之荘駅周辺】
西宮市に隣接している阪急武庫之荘駅周辺は、少し尼崎のイメージと良い意味で異なるかもしれません。閑静な住宅街、特に北側には高級住宅街が広がっており、家賃相場は少し高めです。

【JR尼崎駅周辺】
先にもご紹介したように、再開発が終了し、とても便利で綺麗になりました。ただし、昔ながらの街並みも残っており、古くから住んでおられる住民の方もたくさんおられることはお忘れなく。

【阪神尼崎駅周辺】
尼崎の南エリアは工業地帯に近く、古い町並みも多く残っています。
駅前はすでに開発が進み、それ以外もこれからの開発が期待されるエリアではありますが、少し落ち着きに欠ける環境かもしれません。

【JR猪名寺駅周辺】
どちらかというと、「伊丹市」に近い印象です。一般的な住宅街ですが、尼崎市に住んでいる利便性とは少し違うかもしれません。

JR尼崎駅前には銀行有人窓口が少ない

非常に便利になっているJR尼崎駅前ですが、実は銀行の有人窓口が少ないのです。京都銀行などの一部地方銀行と、りそな銀行の有人窓口(こちらも少し駅からは距離があります)はありますが、その他メガバンクの有人窓口はありません。用事がある場合は、阪神尼崎駅周辺まで行かなければならないことになります。
もちろん無人ATMコーナーはありますので、インターネットバンキングがある今の時代に有人窓口がなくてもあまり困ることはないかもしれませんが、有人窓口の利用率の高い方は、少し注意した方が良いでしょう。

まとめ

尼崎と聞くと、少し治安が悪いという印象を持つ人は多いです。
確かに南のエリアはパチンコ屋が多かったり、混沌とした雰囲気があったりと、女性の一人暮らしやファミリーには向かないかもしれませんが、近年尼崎全体で再開発が進み、市をあげての治安改善活動が行われており、随分と雰囲気が変わったと言われています。
極めて交通の利便性が高く、その上で物価が安い尼崎市。これからも再開発が続いていくことで、ますます人気のエリアになるのではないでしょうか。

一覧に戻る