ブログ

2019/10/22

西宮市って住みやすいの?住むにあたってのメリットと注意点

西宮市って住みやすいの?住むにあたってのメリットと注意点

住みたい街ランキングで圧倒的人気の西宮北口駅を擁する西宮市。なんとなく住んでみたいと思っている人は多いと思いますが、意外とどんな街か知らない方も多いのでは?そこで今回は、西宮市に実際に住むにあたってのメリットと注意点をご紹介します。

西宮市ってどんな街?

西宮市って住みやすいの?住むにあたってのメリットと注意点

西宮市の概要・特徴

兵庫県の南東部にある人口約49万人の都市で、神戸市、姫路市に続く兵庫県第3位の都市です。北部の山地と南部の平野があり、南部からは大阪と三宮の両方に15分程度でアクセスできる大変便利なエリアでもあります。
阪神タイガースの本拠地であり全国の球児憧れの甲子園球場があり、福男選びで有名な西宮神社もあります。宮水で作る日本酒も有名ですね。

また、特に阪急沿線は関西有数の高級住宅街となっており、各界の著名人も多く住んでいます。

西宮市の人口推移

戦後すぐは15万人ほどの都市でしたが、その後右肩上がりに人口が増え、阪神大震災前には40万人を超える都市となりました。震災で一時人口は減りましたが、その後街の復興に伴い人口は増加し、今では50万人に届く勢いとなっています。

西宮市の家賃相場と人気エリア

西宮市の家賃相場

2LDK〜3LDKの家賃相場は、9〜13万円程度です。ただし、エリアによってその金額は大きく異なるので、あくまでも目安として考えてください。

南部(平野)と北部(山間部)を比較すると、南部の方が家賃相場は高くなります。

最も高いのは阪急西宮北口周辺エリアですが、駅までの距離が同じでも、駅北側の方がより家賃相場の高いエリアとなります。

西宮市の人気エリア

・阪急西宮北口エリア

何と言っても最も人気があるのは阪急西宮北口駅エリアです。

駅周辺には駅直結の阪急西宮ガーデンズがあり、デパートとスーパーマーケットに始まり、ありとあらゆるショップが並んでいます。映画館もありますし、レストランも豊富にあり、子どもの遊び場やイベントスペースもあります。

ガーデンズの反対サイドには、アクタ西宮があり、ベビー専門店や大規模書店、雑貨店なども入っています。さらに市役所の一部サービスが土日祝を含めて受けられるステーションがあり大変便利です。

また文教地区であることから、近隣にパチンコ屋などもなく、子育てにも最適なエリアと言えます。

・阪急夙川、苦楽園、甲陽園エリア

西宮北口より三宮寄りにある阪急夙川エリア。夙川沿いにある夙川公園は桜の季節が非常に美しいです。阪急は特急が停車するようになり、大阪と三宮の両方のアクセスも抜群。少し歩けばJRさくら夙川駅の利用も可能です。駅周辺から山手に向かってはカフェやケーキ屋が多数あり、おしゃれな街並みとなっています。

苦楽園と甲陽園は夙川より山手にあり、夙川で乗り換えをする不便さはありますが、閑静な住宅街が広がっています。

・西宮七園

西宮七園とは、甲子園、昭和園、甲風園、甲東園、甲陽園、苦楽園、香櫨園という、西宮市にある園のついた高級住宅街の総称です。

先にあげた人気エリアも含まれており(昭和園と甲風園は西宮北口周辺)、今も変わらず人気のあるエリアです。

西宮市のアクセス

阪急西宮北口からは大阪、三宮両方に15分程度でアクセスできます。
JR西宮駅には快速が停車、阪神西宮には直通特急や快速急行が停車し、同じく15分前後で大阪と三宮にアクセスできます。また阪神西宮駅からは大阪難波にも一本です。

北部の塩瀬地区にはJR西宮名塩駅があり、大阪まで30分程度でアクセスできます。

バスは阪神、阪急、神姫、みなと観光バスなどが利用できます。

飛行機では、阪急西宮北口、JR西宮、阪神西宮駅からは関空までのリムジンバスが、阪急西宮北口駅と阪神甲子園駅からは大阪国際空港(伊丹空港)までのリムジンバスが出ており、電車を乗り継いて神戸空港も利用可能です。

新幹線については、新大阪からの利用が便利です。

西宮市の施設情報

主要買物施設

阪急西宮北口駅周辺には阪急西宮ガーデンズ、アクタ西宮があり、JR西宮駅周辺にはフレンテ西宮、阪神西宮駅周辺にはエビスタ西宮、阪神甲子園駅周辺にはららぽーと甲子園とコロワ甲子園があり、ららぽーと甲子園にはキッザニア甲子園が隣接しています。

医療施設

西宮市立中央病院、兵庫県立西宮病院、兵庫医科大学病院などの総合病院を始め、多数のクリニックがあります。

教育施設

阪急沿線には、関西学院大学、神戸女学院大学などの大学があります。教育熱心な保護者が多いエリアでもあり、塾が多く、各塾の西宮北口校には難関校向けクラスが設けられ、有名講師が集められる傾向にあります(遠方から通う塾生も多数)。

西宮市の治安は?

基本的に、西宮市の治安は良いです。
平野部には北側から阪急、JR、阪神が走っていますが、北側ほど家賃相場が高くなっており、より治安が良い傾向にあります。

43号線より南側は住宅街というより商業地の色が濃いエリアも多いため、特に夜になると薄暗く人気が少なくなります。女性の一人歩きなどは控えた方が良いでしょう。

西宮市の行政の制度は?

西宮市の乳幼児等・こども医療費助成制は手厚いです。6歳未満までは所得基準額未満の場合、費用負担なしで受診できることに加え、所得基準を超えた場合も1日800円限度(月2回まで)の負担で受診することができます。

(所得基準額・・・扶養義務者(父母等)全員の市町村民税所得割額の合計が23万5千円)

その他、予防接種の助成や、住まいに関する給付金などもあります。

西宮市の自然環境

西宮市って住みやすいの?住むにあたってのメリットと注意点

北部は自然豊かなエリアが広がっていますし、平野部からほど近い場所にも甲山森林公園があり森林浴やハイキングが気軽に楽しめます。平野部にも桜の美しい夙川公園などの自然豊かな公園が多数あります。甲子園浜海浜公園ではバーベキューも楽しめます。

西宮市に住む場合の注意点

近年人口が急増してしまい、学校の教室不足などが深刻になっています。

そのため、マンションや住宅の供給に制限がかかるなど、新しく物件を探すのが大変難しくなっています。また、エリアによって差はあるものの、賃貸相場や価格相場が全体的に高めです。

さらに、人口密度の高さゆえに、主要駅周辺は渋滞が発生しやすくなっています。

他に、苦楽園や甲陽園などの山手に住んだ場合、イノシシなどに遭遇する危険性がある点も、覚えておくと良いでしょう。

まとめ

西宮北口や夙川など、毎年住みたい街の上位にランキングされる街を多く有する西宮市。大阪と三宮の両方へのアクセスに便利で、治安も良く、自然も残っており、商業施設なども整っているとなると人気が高まるのも頷けますね。

良い物件は競争率が高く、また入居費は全体的に高めですが、将来の住まいとして検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

一覧に戻る